ポケットメディカ健康相談

ポケットメディカ健康相談
ポケットメディカ健康相談
Q&A詳細Q&A詳細

No.1313

投稿日時:2017年06月16日


相談対象者:こんぺいとう
年代:30歳代    性別:女性

関連カテゴリ: 消化器科 

質問内容

現在、38歳です。
昨年11月に大腸内視鏡検査をした際に、クローン病の組織に似たものがあり、何らかのIBD可能性があると指摘されていました。
その後も下痢を繰り返していました。
その精査(特にクローン病)のため、先日、大学病院で大腸内視鏡検査をしました。

診療明細書を見てみると、粘膜点墨法加算、狭帯域光強調加算(検査)と書いてありました。
青い染色液も使いました。
また、明細書には、内視鏡下生検法 5臓器、T-M 5臓器と書いてあります。

自分で調べてみたら、狭帯域光強調は早期ガンなどを調べるために行うと書いてあり、また、粘膜点墨法はその位置を、後で分かりやすくするためのものだと知り不安になりました。
何人もいる血縁関係の親族には、乳ガンになった人が一人だけいますが、ガン家系ではないと思っていたので、今回の検査内容が気になります。

クローン病などの検査のために、これらの加算された検査をすることはありますか?
やはり粘膜に異常があったということなのでしょうか?

診療明細をよく見てみると、青の色素を使ったという記載がありません。
これらの他には鎮静剤と、麻酔のゼリー、腸の活動を止める薬のみの記載です。
粘膜点墨法を青の色素を使ったという意味で使うこともありますか?

また、T-Mとはどのような意味ですか?

よろしくお願いします。

回答日時:2017年06月26日
質問の回答

胃カメラ、大腸カメラ、ほか消化管検査...

この相談の回答をご覧いただくには「プレミアム会員」のご登録が必要です。登録すると健康相談の他、病院や病気、薬の検索や健康レシピなど、さまざまなヘルスケアコンテンツが使い放題です!

今すぐ会員登録する!
※登録済みの方は自動でログインします
相談する 相談する
質問を投稿する 質問を投稿する
電話で相談する 電話で相談する
最近の相談を見る 最近の相談を見る

  • 2017-09-26   肛門科 消化器科
    数年前から下痢と便秘を繰り返すので内科の主治医に相談し、過…
  • 2017-06-29   消化器科
    今月16日に、IBDの精査のための大腸内視鏡検査のことで質問をさ…
  • 2017-04-14   内科 消化器科
    ベーチェット病で、家族性地中熱疑いです。 普段、リウマチ・…
  • 2016-11-09   内科 1
    10月29日の夕食後に、突然下痢をしました。 翌日の30日はお腹…
  • 最新の質問一覧へ
近くの病院を探す 近くの病院を探す
前のページに戻る
病気やケガ、育児、介護などの悩みを
24時間365日、webまたは電話で
相談できます。
全国病院検索
(c)株式会社C2 (c)Houken Corp.